iontodermaを日本で購入する方法 amazonにはある?

iontodermaをamazonで購入するには?

手や足の汗がひどいといった悩みを抱える方は大勢いらっしゃいます。イオントフォレーシスは、それらの悩みを軽減する装置で、汗に悩む世界中の人たち間で今大いに注目を集めているといえるでしょう。

そのなかには誰でも手軽に使える個人用もあって、中でもカナダで製造されたiontodermaはとても好評を博しています。


まだ日本国内では正式な販売が始まっていないものの、それを手に入れたいと考える日本人も増えています。

それではiontodermaを日本人が欲しい場合には、どのような手段があるのかと考えると、世界的なネット通販であるamazonをまず思い浮かべる人が少なくないでしょう。

確かにamazonでは、海外の様々な商品を日本から注文することができますが、残念ながらiontodermaに関しては、今のところ取り扱いがありません。

 

iontodermaは日本で購入できる?

amazonで売っていないとすると、日本ではまだ手に入れられないのかと言うとそうではなく、本国のオフィシャルサイトを利用すれば入手は可能です。ただし公式サイトは日本語に対応していないので、手続きに手間がかかる可能性はあります。

イオントフォレーシスは、iontodermaの正規ホームページを通して日本でも購入が可能です。

ただしサイトは英語対応のみとなっており、日本語のサポートはありません。代金は4万円ほどとなっており、為替によって変わる仕組みです。

おすすめポイントは返金保証が60日間ついてくる点で、もし合わない場合は保証を利用しましょう。

海外から取り寄せになるので、海外版のWeb上で評判をチェックしておくとよいと思います。

iontodermaはカナダ製で、使用時間はやや長いけれどしっかりと実感できます。出力コントロールができるので、自分に合った出力を見つけてください。手足汗が多い方におすすめの器具で、自宅にいながらセルフケアができるのが魅力です。

継続的に使用できることを考えれば、デオドラントを使用するよりも経済的と言えるでしょう。デオドラントだと月に2000円以上はかかることが多いので、2年間も使えばiontodermaを購入するよりも高くなります。経済的に考えるなら約4万円の初期費用は決して高いとは言えないでしょう。

夏場は発汗量が増えやすく、身体が蒸れる時期なので注意してください。汗を抑えることでニオイ・汗じみなどの悩みをまとめて解消できます。

iontodermaのメリット

iontodermaのメリットは自宅にいながら手足汗・体臭改善を目指せる点です。

価格は400ドル程度であり、消費税・送料は無料になっています。日本円で約4万円ほどの金額になりますが、長期的に使用できることを考えるとメリットは大きいでしょう。

セルフケアで汗を抑制し、ベタベタした不快感から解放されます。手がベタベタしていると仕事や家事に集中できませんし、足汗が増えるとニオイの原因にもなります。

足裏は特にニオイが強烈になる部位であり、ひとたび蒸れてしまうと翌日以降も臭うようになるでしょう。

靴に雑菌が住み着いてしまうと、入浴時によく足裏を洗浄しても靴を履くたびにニオイが発生することになります。

洗浄で汗は落とせるのですが、汗かき体質は改善はできません。iontodermaは汗が出るのを抑えてくれるので、洗浄と並行して行うと強力な体臭対策が可能です。

体臭は周囲に迷惑をかけるので、ケアは徹底するに越したことはありません。自分が想像している以上に体臭は強いものだと考えておくことがエチケットとして必要です。

iontodermaのデメリット

iontodermaは英語表記のHPで申し込んで、海外より取り寄せます。

価格は約4万円と安いほうではありますが、英語が読めないと買うのが難しい点はデメリットでしょう。

日本語サポートがなければ商品説明を読み取るのが難しく、結局は使えないという状況になりがちです。

 

また買ったあとのアフターフォローがないと困ることが多いので、フォロー体制が整っているところで買うほうが心配ありません。

iontodermaの使用時間は1回20分以上となっており、忙しい方だと毎日続けるのが難しいかもしれません。発汗抑制作用は個人差があるので、実感の度合いは人により変わってきます。これらは相性の問題なのでデメリットではありませんが、相性は使用するまでわからないのが現実です。

自分に合ったものを選ぶためには、口コミを参考にしたり価格が高めの商品を選んだりするのが賢明でしょう。

高額なマシンは多機能の傾向があり、出力調整も幅広く行えるものが多くなっています。

iontodermaよりも高額なセルフケアマシンとしては、Saalioがトップクラスの作用があり、ほとんど汗・ニオイが気にならなくなったという方は多いです。

>>Saalioの公式サイトはこちら

最新イオントフォレーシスSaalioの特徴

iontodermaを購入しようと思っても、その方法が外国語のみの販売ページしかないのでは、残念ながら諦めなければならないと思う人もいるかも知れません。

しかし、iontodermaに匹敵するほどの人気を誇る最新のSaalioであれば、日本人にも入手しやすいです。

しかもこれはドイツ製で、ヨーロッパで高い人気を獲得しています。

Saalioの特徴の一つは、日本語で販売サイトが設けられていて、商品の説明や使い方、注文方法などが詳細に載っていて、日本人が安心して利用を検討できます。

↓イオントフォレーシスSaalioはコチラ↓
http://saalio.com/

Saalioの特徴としては、電流の強弱を自分で操作できる点です。

電流によるビリビリした感じが苦手な人は、その出力を下げることで辛く感じないように微調節ができます。また電流の種類も、直流電流から刺激に少ないパルス電流に替えることが可能です。

さらに、使用時間が短くて良いという点も特徴です。その目安は15分ほどとされているので、忙しい人でも利用しやすいでしょう。

iontodermaとSaalioの違いは?

iontodermaとSaalioはどちらも、世界的に高い評価を獲得していますが、それらを比較してみると数多くの違いが見えてきます。

その違いの中で特に大きいのは、日本語で書かれたウェブサイトであるか否かです。iontodermaの場合は英語でしか書かれていないので、英語があまり得意でない人は購買しようと考える時のハードルはどうしても高くなってしまうでしょう。

また、英語の販売ページであることから、価格も当然ドルで表記されているので、その時のレートによって支払う額が変わってきます。

一方、Saalioでは日本語にしっかりと対応しているので、購入しやすいのは確かです。

またそれだけでなくメールでの質問や照会にも日本語で対応してくれるので、その安心感はかなり大きいと言えるでしょう。

さらに価格も日本円で表記されているため、いくら支払えば良いかが最初から分かっているという点も魅力的です。ただ、返金保証の期間については前者では60日、後者では30日となっていることには注意が必要かも知れません。

そのほか、iontodermaは20分以上、Saalioだと10~15分で済むといったように、後者の時間が短いという点も大きいと言えるでしょう。